コロナ禍で多くのことが、これまでのようにはできなくなりました。とても残念ですが、受け入れなければなりません。その上で、できることは何なんだろうか?今だから、今でもできることはあるはず。そう考えて、できる範囲で無理なく、2020年の「源氏物語への誘い」を行うことにしました。続けることも大切なことです。ご協力いただく、講師先生に感謝いたします。